オンライン診療について

オンライン診察は、最大連続2回までとしております。3回目は対面診察になります。

当院では初診のオンライ診療は行っておりません。

オンライン診療のメリット

オンライン診療のデメリット

●保険診療代とは別にオンライン診療に伴うシステム利用料(550円)、アプリ利用料(330円)と処方箋を郵送する切手代(84円)が診察のたびに毎回発生します。

 現在のオンライン診療は、新型コロナウイルス感染症の流行拡大に伴う一時的な対応となっております。

 それに伴い診療報酬の一時的な改定があり、システム利用料は550円としておりますが、新型コロナウイルス流行収束後のシステム利用料は、1000円となる可能性があることをご了承ください。

●オンライン診療では診ることができない病気や状態の場合があります。
●聴診器を使った診察、咽頭の腫れなどの確認、血液検査、レントゲンなどの検査ができません。
●機器の画面の制約があり、得られる情報が視覚及び聴覚に限られるため全身状態を確認しづらい。
●パソコンやスマートフォン、アプリの操作が必須で、慣れていない人は支援が必要。
●薬は、処方箋を当院に受け取りに来ていただくか、郵送で受け取ってから薬局に出向く必要がある。
●問診のみの診療となるため、対症療法的な治療になってしまう。

●情報通信環境の障害等によりオンライン診療を行うことができなくなる場合がある。

新型コロナウイルス感染症流行による時限的緩和措置について

新型コロナウイルスの影響で、現在、オンライン診療を受けられる基準が一時的に緩和されており、慢性疾患以外の方もオンライン診療を受けることができますが、今後の状況でご利用いただけなくなる可能性があることをご了承ください。

一部のお薬(麻薬・向精神薬、抗がん剤や免疫抑制剤、睡眠薬や抗不安薬など)の処方は出来ません。